子供保険、急性骨髄性白血病2

子供保険


急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、acute myelogenous leukemia)とは、白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患であり、AMLと略される。(ICD-10: C92.0)


診断

通常、
血液検査にて白血球の異常増加、貧血、血小板減少症などが認められる。

末梢血に芽球が数多く出現するため、診断はさほど難しくはないが、

後述する病型分類、治療方針選択などのために、

血液内科専門医を受診する必要がある。


白血病が疑われる場合、
すぐに骨髄穿刺による検査を行い、最終診断を確定する。



続きを読む

子供保険、急性骨髄性白血病

子供保険


急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、acute myelogenous leukemia)とは、白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患であり、AMLと略される。(ICD-10: C92.0)


医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、
専門の医療機関に相談してください。

急性白血病が慢性化した疾患が慢性白血病ではない。

この両群の発生機序は基本的に異なる。

分化・成熟能を失った細胞は幼若なままの形態をとることから、
芽球と呼ばれる。

続きを読む

子供保険”1リットルの涙”脊髄小脳変性症

子供保険

この病気を患った木藤亜也さんの日記を本にした
『1リットルの涙』が2006年現在、210万部の売り上げを誇る
ロングセラーとなっている。若い女性が中学生の時に
発症した難病と闘った実話、また同作品は映画化、ドラマ化されている。
脊髄小脳変性症



療法
薬物療法
TRH(甲状腺ホルモン分泌促進ホルモン):注射。

歩行障害や会話障害といった運動失調に効果があるが、改善は一時的なものにすぎない。

続きを読む

子供保険”1リットルの涙”脊髄小脳変性症

子供保険

この病気を患った木藤亜也さんの日記を本にした
『1リットルの涙』が2006年現在、210万部の売り上げを誇る
ロングセラーとなっている。若い女性が中学生の時に
発症した難病と闘った実話、また同作品は映画化、ドラマ化されている。
脊髄小脳変性症


原因と予後 

弧発性の多系統萎縮症に関しても、オリゴデンドログリアや神経細胞内に異常な封入体が存在することが分かっていたが、

その主成分が、パーキンソン病患者の脳細胞に見られるレビー小体の構成成分でもあるαシヌクレインというたんぱく質の一種であることが判明した。

現在はその蓄積システムの研究が両疾患の研究スタッフの間で
進められている。続きを読む

子供保険”1リットルの涙”脊髄小脳変性症

子供保険

この病気を患った木藤亜也さんの日記を本にした
『1リットルの涙』が2006年現在、210万部の売り上げを誇る
ロングセラーとなっている。若い女性が中学生の時に
発症した難病と闘った実話、また同作品は映画化、ドラマ化されている。
脊髄小脳変性症


原因と予後

 遺伝性のものは、近年、原因となる遺伝子が次々と発見されており、それぞれの疾患とその特徴もわかりつつある。

 常染色体優性遺伝のもので最も多く見られるのは、シトシン・アデニン・グアニンの3つの塩基が繰り返されるCAGリピートの異常伸長であることが判明した。

CAGはグルタミンを翻訳・発現させるRNAコードだが、正常な人はこのCAGリピートが30以下なのに対し、この病気の患者は50〜100に増加している。
続きを読む

子供保険”1リットルの涙”脊髄小脳変性症2

子供保険

この病気を患った木藤亜也さんの日記を本にした
『1リットルの涙』が2006年現在、210万部の売り上げを誇る
ロングセラーとなっている。若い女性が中学生の時に
発症した難病と闘った実話、また同作品は映画化、ドラマ化されている。
脊髄小脳変性症


症状
運動失調の症状(=小脳失調障害)
歩行障害:歩行時にふらつく。末期になると歩行困難になる。
四肢失調:手足を思い通りに動かせない。箸をうまく使えない。書いた字が乱れる。
続きを読む

子供保険”1リットルの涙”脊髄小脳変性症

子供保険

この病気を患った木藤亜也さんの日記を本にした
『1リットルの涙』が2006年現在、210万部の売り上げを誇る
ロングセラーとなっている。若い女性が中学生の時に発症した
難病と闘った実話、また同作品は映画化、ドラマ化されている。
脊髄小脳変性症


脊髄小脳変性症(英:Spinocerebellar Degeneration (SCD))とは、

運動失調を主な症状とする神経疾患の総称である。
小脳および脳幹から脊髄にかけての神経細胞が破壊、

消失していく病気であり、1976年10月1日以降、
特定疾患に16番目の疾患として認定されている。
続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その16

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。



ドラマで使用した物

自動車
池内豆腐店の車・・・ダイハツ・ハイゼット
亜也を送迎したタクシー・・・日産・セドリック

スタッフ
原作:木藤亜也
脚本:江頭美智留、大島里美、横田理恵
企画:関谷正征(フジテレビ)、中村百合子(フジテレビ)
プロデュース:貸川聡子(共同テレビ)
アソシエイトプロデュース:小椋久雄(共同テレビ)、
江森浩子(共同テレビ)
演出:村上正典(共同テレビ)、木下高男(共同テレビ)
音楽:上田益
主題歌:K「Only Human」
作詞:小山内舞 作曲:田中直/松尾潔 編曲:田中直
挿入歌:レミオロメン「粉雪」、「3月9日」
制作:フジテレビ、共同テレビ

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その15

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト

及川 菊枝(?)(かとうかずこ)

明日美の母。
第7話に登場。同じ病を患う娘を持つ母親の『先輩』として
水野の紹介で養護学校を訪れた潮香を励ます。

※明日美を演じる大西と菊枝を演じるかとうは、
上記のとおり映画で亜也と潮香を演じており、
ドラマでは『ゲスト』という形で出演している。

藤村 まどか(?)(浜丘麻矢)
亜也の養護学校での担任。第9話・第10話に登場。
日々進んでいく病状を、障害を受け入れるのを怖れる亜也にとって
厳しいことを言うこともある。が、それは彼女が養護学校の教師ゆえ。
西野よりも若いが、彼以上に亜也を認め、心から受け入れている。
10話で高野と結婚。

高野 喜一(?)(東根作寿英)
養護学校のボランティアで、まどかの恋人。
第9話から最終話まで登場。本業は「株式会社 文芸総合出版」の営業マン
第10話で潮香の勤務先に訪れ、まどかとの結婚式に招待すると同時に
潮香にあることを依頼する。

彼の依頼はやがて、亜也の心からの願いを実現することになる。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その14

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト
西野 良三(30歳)(佐藤重幸)
亜也の東高での担任で女子バスケ部の顧問。明朗快活で生徒にも慕われているが、なあなあ主義で日和見な一面も見せる。

杉浦 まり(15歳→18歳)(小出早織)
亜也のクラスメートで、亜也の中学時代からの親友。女子バスケ部に所属。

松村 早希(15歳→18歳)(松本華奈)
亜也のクラスメート。同じクラスで同じ部に入ったことから、
亜也たちと仲良くなる。

恩田 耕平(15歳→18歳)(水谷百輔)
亜也のクラスメートで、遥斗の中学時代からの親友。
楽天家でおちゃらけ者。生物部に所属。
亜也たちと交流を深めていくようになる。

中原 慶太(15歳→18歳)(橋爪遼)
亜也のクラスメート。マジメを絵に描いたような性格の持ち主。
生物部に所属。生物に並々ならぬ造詣を抱いている。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その13

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト
池内 亜湖(13歳→18歳)(成海璃子)
亜也の妹。
第二次反抗期の真っただなかで、父・瑞生に歯に着せぬ物言いをする。
オシャレが大好きで絵を描くのが得意。亜也の病状が進行するのと比例して、本来の優しい性格を表に出していくようになる。

池内 弘樹(11歳→16歳)(真田佑馬(ジャニーズJr.))
亜也の弟。
サッカーをやっている。亜也の病気のことで傷つくこともあったが、
基本的には健気な性格の元気な少年。
続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その12

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト

麻生 遥斗(15歳→20歳) (錦戸亮(関ジャニ∞、NEWS)

亜也のクラスメートで恋人。
生物部に所属。一人で考え一人で行動に移すタイプ。

不器用で頑固な性格は父譲り。

ある事故がきっかけで父と対立し、かたくなに心を閉ざしていたが、
亜也と関わっていくうちに彼女を愛し、
陰から日向から彼女を護っていくようになる。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その11

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト

池内 潮香(40歳→51歳)(薬師丸ひろ子)

亜也の母・保健師。
夫と人の子供の面倒を見る、しっかり者で聡明で慈悲深い女性。

だが、時に厳しい一面も見せる。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その10

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


キャスト
※括弧内は登場人物の年齢矢印の後ろの年齢は
ドラマで最後に登場した時の年齢を、ドラマの時系列をもとに計算した。

池内 亜也(15歳→20歳)(沢尻エリカ)

主人公。
活発で前向きで誰からも好かれる。

自宅の豆腐店の手伝いもキッチリ行う、
心優しい優等生。中学の頃からバスケをやっていた。

高校受験を控えた2005年3月、15歳という若さで脊髄小脳変性症を発症。
続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その9

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


サブタイトル・放送日・視聴率

各回  サブタイトル  放送日   視聴率
第1話 ある青春の始まり 2005/10/11 13.5%
第2話 15才、忍びよる病魔 2005/10/18  15.1%
第3話 病気はどうして私を選んだの 2005/10/25 13.5%
第4話 二人の孤独 2005/11/01 12.3%
第5話 障害者手帳 2005/11/08 14.6%
第6話 心ない視線 2005/11/15 15.2%
第7話 私のいる場所 2005/11/22 16.2%
続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その8

子供保険

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


原作・映画版との相違点

実話では5人兄弟(2男3女)だが、ドラマでは4人兄弟(1男3女)である。
これは次男・賢太郎氏が登場していないからである。

主治医も女性から男性に変更されている。
(これは藤木直人を特別出演させるためと思われる。)

著書にない恋人役の男性クラスメートの設定がある。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その7

子供保険


1リットルの涙
1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


原作・映画版との相違点

実話では1980年代の愛知県豊橋市に住む少女の闘病記だが、

ドラマでは亜也が通学した東高(豊橋東高等学校)が
「明和台東高校」(千葉市にある高校がロケ地)となっている続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その6

子供保険


1リットルの涙
1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


テレビドラマ

エンドロールでは、
教室や病院の診察室といった、
放映したエピソードにまつわる風景や野の草花や空を映した写真とともに、
木藤亜也の在りし日の写真が写し出されている。

また、
第7話より、亜也が書き残した作文が原文のまま、
テロップで紹介されるようになった
(※第6話までは彼女が遺したノートにつづられた文章を
映していただけだった)。

続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その5

子供保険


1リットルの涙
1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


テレビドラマ

フジテレビ系の2005年秋季ドラマとして2005年10月11日から

12月20日まで毎週火曜日の21:00〜21:54(第1回は〜22:04、

最終回は〜22:09)に放送された。ハイビジョン制作。

青森放送は土曜日12:00〜12:54で約3ヶ月遅れ。
続きを読む

子供保険、”1リットルの涙”その4

子供保険


1リットルの涙
1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)は、
1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話の書籍の
タイトル。映画、テレビドラマ化もされた。


映画
2004年に製作。文部科学省選定映画。

テレビドラマ版では
沢尻エリカの感情的な演技がテレビの視聴者に評価されたのに対し、

本作品では
大西麻恵の脊髄小脳変性症を見事に体で表現した演技が映画の観客から
評価されている。

ほぼ恋愛モノでドラマチックな展開のドラマ版に比べると、

こちらはあくまで
原作の重要場面をピックアップしたリアルな作品になっている。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。