子供保険、学資保険タイプ

子供保険

子供保険学資保険タイプ貯蓄計画的に教育資金を準備することに重点を置いた「こども保険」です。

教育資金づくりを最優先に考える方向き。
貯蓄はすぐ引き出して貯められない方に向いています。

満期時に一括で学資金を受け取れるタイプと、

それ以前の進学時にもちょっとしたお金を受け取れるタイプがあります。

同じ保険料なら、満期時一括タイプのほうが受け取れる学資金が多くなる
のが一般的です。しかし続きを読む
posted by 子供保険K at 14:43 | Comment(1) | 子供保険、学資保険とこども保険

子供保険、中学校費用

子供保険

中学校ではどのくらい?
は本格的に学習塾やクラブ活動の費用が掛かってきます。

模擬試験やクラブ活動による遠征、合宿など考えている以上に高額な活動費が必要になることがあります。

また中学校進学が公立・私立の第一の分かれ目となります。

私立に通わせることを考えているのでしたら約3倍かかることを
頭にいれておきましょう。
ここでは公立と私立の年間教育費はおおよそつぎのとうりです。



公立 : 470,000円



学校教育費    133,000円
学校給食費  37,000円
学校外活動費 300,000円



私立 : 1,300,000円



学校教育費   1000,000円
学校給食費    3,000円
学校外活動費   320,000円


上いずれにしても教育費がいくらぐらいかかるのか事前にシミュレーションしておくことの重要性に疑いの余地はありません。続きを読む

子供保険、教育ローンを活用

子供保険

教育ローンを活用≪教育ローン≫



政府系金融機関の国民生活金融公庫は銀行ローンより
金利が安いのが魅力です。」

『教育一般貸付』 と 『郵貯貸付』 と 『年金教育貸付』 

など3つの制度があります。 

利用出来る方の収入(所得)の上限金額の引き下げが考えられますが、

詳細は未定で、
平成18年11月10日ご融資分から、
利率が年2.3%になります。 
詳しくはこちらを→ 国民生活金融公庫 
 http://www.kokukin.go.jp/をご覧下さい。



続きを読む

子供保険、育英年金や養育年金

子供保険

学資保険・子供保険に育英年金や養育年金を付けて契約している
ケースも少なくないようですが、

この場合、
年金の受取人が誰になっているか、チェックしましょう。



育英年金や養育年金は、契約者が死亡したり高度障害となったときに、
満期までの間、毎年支払われるものです。

これは、契約者である親の死亡保障です。この育英年金や養育年金の受取人は、被保険者であるこどもになっていることが多いようです。保険会社が受取人を被保険者としている場合は、他の人を受取人に指定することはできませんので注意が必要です。



「育英年金」や「養育年金」は、「雑所得」として、毎年年金を受け取るときに、所得税と住民税の対象となります。毎年の受取額から払込保険料を差し引いたものが、所得とみなされるのです。



契約者である父親が亡くなると、
続きを読む

子供保険、子供保険の現状

子供保険

学資保険・子供保険の現状とデメリット

最近は、生命保険の貯蓄性も悪くなり、受け取る祝金や満期保険金の総額より、支払う保険料の総額のほうが多い「元本割れ」のこども保険商品も少なくないようです。

それは、主に契約者の死亡保障分の保険料が保険に含まれているようになっているのが原因です。



また、学資保険・子供保険の現状に、子供が病気やケガで入院したり手術したときに給付金が支払われる医療特約を付けて加入するケースも多いので、
この分の保険料も併せて支払えば、ますます元本割れする子供保険の現状す。



続きを読む

子供保険・学資保険の必要性

子供保険


学資保険の必要性
子どもの教育費を計画的に貯蓄することが最大の目的となる学資保険ですが加入する必要性はどの程度あるのでしょうか?

加入を検討するにあたって以下の点を確認しましょう。



1.子どもの将来的に教育費がどのぐらい必要なのか?

2.医療保障は必要なのか?

3.学資保険に加入する場合月々の保険料はいくらまで払えるか?

続きを読む

子供保険、保障型学資保険 

子供保険

学資保険保障型学資保険 

保障重視型タイプ(保障型プラン)は、

親や子どもに万が一のことがあった場合に
保証金を受け取れるなどの保障を充実させたタイプです。

保障内容は、
親が死亡または重度の障害になったとき、子どもが病気・
災害に見舞われたとき、子どもが死亡するというような事態になったとき、
と大きく3種類に分けられます。




1.親に万が一のことがあった場合には、
  その後の保険料の払い込みが免除されて、
満期に約束した金額を受け取れます。

プランによっては満期までの毎年、
  養育年金が支払われるものもあります。


2.子どもが病気・災害で通院する際に保障された金額が支払われます。
大半の保障型プランでは特約としてつけるケースが多いです。      

3.子ども自身が亡くなった場合は死亡給付金として支払いを受けられます。                     
                                                                            

 続きを読む

子供保険、貯蓄型、保障型統合

子供保険


学資保険 貯蓄型、保障型統合タイプ

学資保険のプランによっては貯蓄重視型プランと
保障重視型プランを組み合わせたもの(バランスタイプ)もあるようです。

保険料を抑えて両方組み合わせようとするとどちらも
中途半端になることもあるため

バランスを重視するなら払い込む保険料と
保障内容をよく見積もる必要があります。


                                                続きを読む

子供保険、保障型学資保険

子供保険

学資保険
保障型学資保険 

保障重視型タイプ(保障型プラン)は、親や子どもに万が一のことがあった場合に保証金を受け取れるなどの保障を充実させたタイプです。保障内容は、

親が死亡または重度の障害になったとき、
子どもが病気・災害に見舞われたとき、
子どもが死亡するというような事態になったとき、
と大きく3種類に分けられます。


1.親に万が一のことがあった場合には、
  その後の保険料の払い込みが免除されて、
満期に約束した金額を受け取れます。
  プランによっては満期までの毎年、
養育年金が支払われるものもあります。


続きを読む

子供保険、学資保険のタイプとは

子供保険

学資保険のタイプ
学資保険のタイプ一覧 学資保険 貯蓄型と保障型

学資保険 貯蓄型
                                   
学資保険 保障型




学資保険 
保障重視型タイプ(保障型プラン)は、親や子どもに万が一の安心

学資保険 
貯蓄型、保障型統合タイプ
学資保険のプランによっては
貯蓄重視型プランと保障

子供保険 保険ランク本




 
万一に備える保険(掛け捨て型)

1位 逓減定期保険・喫煙リスク区分型(ソニー生命) 
   保険料のリーズナブル度はピカイチ

2位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命) 
   お給料のように毎月給付金が届く!

3位 ダイレクト定期保険(オリックス生命)     
   通販専用で募集経費を大幅カット!

  AFLACの定期保険Lightフィットプラン
  (アメリカンファミリー生命)元気割引でさらにオトク

 

 教育費や子供の入院費用に備える保険 

1位 5年ごと利差配当付学資保険(ソニー生命)  
   貯蓄性にこだわった学資保険の王道

2位 たすけあい・ジュニア18コース(CO・OP共済)
   1泊2日入院から長期入院まで保障

3位 学資保険J型(富国生命)          
    大学進学資金を計画的に準備する

4位 新・健康応援団MAX(アメリカンファミリー生命) 
   3歳から備える「がん+医療保障」

5位 こどもすくすく保険・貯蓄プラン(住友生命)    
   子や孫の教育資金貯蓄として 


  



子供保険、育英年金付学資保険

子供保険


Kampo育英年金付学資保険
被保険者が亡くなられたとき。


加入後1年6か月を経過し、事故・災害で被害後180日以内に亡くなられたとき(重大な過失等がない場合)又は特定感染症で亡くなられたとき。

事故・災害で被害後180日以内に亡くなられたとき。
1年経過後から契約者配当金の発生状況により積み立てられ、
契約の終了時等に支払います。

また、
一定の要件のもとに、お客さまのご請求により
いつでもお受け取りになれます。

続きを読む

子供保険、英年金付学資保険2

子供保険

Kampo英年金付学資保険2

15歳満期育英年金付学資保険及び18歳満期育英年金付学資保険には、
生存保険金付18歳満期育英年金付学資保険及び

生存保険金付22歳満期育英年金付学資保険にあるような生存保険金の
支払はありません。

被保険者が6歳未満で亡くなられたときは、保険金額が減額されます。

被保険者の加入年齢の計算。
(学資保険 注意事項※1参照)
満期日について。
(学資保険 注意事項※2参照)
保険料の払込不要について。
(学資保険 注意事項※3参照)
保険契約者は1契約につき一人に限ります。

育英年金は、保険契約者が続きを読む

子供保険、学資保険に育英年金

子供保険

Kampo学資保険に育英年金がついて、安心パワーアップ

ご加入に際しては、詳しい内容について必ず郵便局の窓口または
セールスパーソンにおたずねください。

商品の特徴 ・ 加入できる期間中にいつスタートされても

高校進学時(15歳満期)
大学進学時(18歳満期)
独立時(22歳満期)

に合わせて学資金等の準備ができます。


出生、新入園、新入学からの将来の学資金づくりに最適です。
保険契約者が加入後亡くなられた場合などには、
 その後の保険料は払込みを要しません。

保険契約者が保険期間の満了前に亡くなられた場合など、
 その日から保険期間が満了するまで、被保険者の生存中に限り
 育英年金が支払われますので、安心して子育てができます。


生存保険金付18歳満期育英年金付学資保険では、
中学校進学時(12歳)及び高校進学時(15歳)に
基準保険金額の10%の生存保険金が支払われます。

また続きを読む

子供保険、学資保険2

子供保険

Kampo学資保険2詳しく
被保険者が亡くなられたとき。


加入後1年6か月を経過し、事故・災害で被害後180日以内に亡くなられたとき(重大な過失等がない場合)又は特定感染症で亡くなられたとき。

事故・災害で被害後180日以内に亡くなられたとき。

1年経過後から契約者配当金の発生状況により積み立てられ、契約の終了時等に支払います。

また、一定の要件のもとに、お客さまのご請求により、
いつでもお受け取りになれます。

一つの基本契約に付加できる特約は、災害特約と入院特約のうちのいずれか2種類(合わせて最高3種類まで)です。

ただし、続きを読む

子供保険、学資保険1

子供保険

Kampo学資保険1
加入できる期間中にいつスタートされても

高校進学時(15歳満期)
大学進学時(18歳満期)
独立時(22歳満期)に合わせて学資金等の準備ができます。


出生、新入園、新入学からの将来の学資金づくりに最適です。
保険契約者が加入後亡くなられた場合などには、
 その後の保険料は払込みを要しません。

生存保険金付18歳満期学資保険では、
 中学校進学時(12歳)及び高校進学時(15歳)に
 基準保険金額の10%の生存保険金が支払われます。

また、
生存保険金付22歳満期学資保険では、
 大学進学時(18歳)に基準保険金額の60%、
 20歳時に基準保険金額の20%の生存保険金が支払われます。


種類は高校進学コース(15歳満期)、

 大学進学コース(18歳満期)

 大学進学コースで中学進学時(12歳)

 高校進学時(15歳)に生存保険金が出るコース、

 大学進学コースで大学進学時(18歳)20歳時に生存保険金が出るコース

 の4種類から選べます。

続きを読む

こども保険について4

こども保険

こども保険について

だいたいの教育費はこんな

    
国公立 幼稚園44.4万円 小学校166.5万円 中学校116.4万円
    高校135.3万円 大学537.5万円



私立 幼稚園81.0万円 小学校516.9万円 中学校314.9万円
   高校299.9万円 大学732.9万円


で合計はどのくらいかと計算したら・・・続きを読む

こども保険について3

こども保険について

『子供保険』に加入していれば教育費は大丈夫!・・・・??

  そう、考えていらっしやる方は意外に多いですねぇ


 「こども保険」だけで大丈夫なご家庭は、
            実際には皆無に等しいのです。

「必要な金額を必要な時期に準備できる」?
        「必要な金額」つまり「必要となる学資金」の

すべてを「こども保険」だけで十分に用意できている方は無に近いです。

「必要な時期」のすべてをカバーすることも
            「こども保険」だけでは難しいのです。

たとえば、
続きを読む

こども保険について(学資保険)2

こども保険

こども保険について(学資保険)

教育資金づくりというと、

誰もが真っ先に考えるのは
      銀行や郵便局の「積立貯蓄」

「積立貯蓄」と「こども保険」を比べると、どう違うか?


「こども保険」(=学資保険)
     に利点・魅力が沢山あることがわかります。


「こども保険」には「保険料払込免除の特典」がある
「こども保険」の場合、契約者である親が死亡したり、

    高度障害状態になると、

それ以降の保険料を支払わなくても契約した学資金や

保険金を受け取れます



つまり「こども保険」は、
続きを読む

こども保険について1

こども保険
こども保険について

「子供保険/学資保険」とは、

ひとことで言えば

「子どもを取り巻く金銭的な不安や心配を解消するための保険」のことです。

子どもを取り巻く金銭的な不安とは、

具体的にどんなことでしょうか?ざっと考えてみると、

だいたい次の3種類にあてはまるようです。

1,こどもの けが、病気、入院、の費用

2,先々までのこどもの学費

3,親のもしもの時の生活費


そんな続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。