こども保険、民間の保険

こども保険


民間の保険は、生命保険と

損害保険、疾病(しっぺい)保険などのいわゆる第三分野の

保険の三つの業態に分かれている。


保険期間は、生命保険が数年〜終身と長期にわたり

貯蓄的な性格を持つものがほとんどであり、

損害保険は一日〜一年程度の短期の掛け捨てのものが多い。


両者の中間的位置付けである第三分野の保険期間は、
一年〜終身であるものが多い。

民間の保険会社は、保険業法による免許事業制であり、

生命保険業免許を持つ生命保険会社と、損害保険業免許を持つ損

害保険会社が存在する。

第三分野の保険は、両者とも取り扱う。

上記の保険に似たものには、
主に生活協同組合や農業協同組合などの協同組合組織による「共済」
もある。

この共済のうち、主務官庁を持たない、

いわゆる無認可共済については、2005年に保険業法が改正され、

将来的に保険会社または少額短期保険業者のいずれかに移行することが

義務付けられている。

一部の保険組織では、

一般の個人や企業から保険料の形で徴収し

集めた保険料で株式を購入したり、企業などに貸し出したり(融資)して、

資金の運用を行ったりすることもある一方、

他の保険会社へ再保険をかけて、

保険会社から見てのリスク(=万一の事故が発生した際の保険金支払いリスク)を分担していたりする。

保険契約に該当する事件、事故や災害(保険事故という)が発生した場合、

所定の手続きを行って、保険金を受け取るが、

アメリカ同時多発テロ事件のような異常な事件が発生した場合、

大成火災海上保険のように、再保険取引で大きな損失を出し、

保険金の財源が底を尽きて破綻した会社もある。

このような突発的事件・事故で保険会社の経営は危機に陥いる可能性が

あるため、ソルベンシー・マージン比率が公開されている。

この指標は、保険会社のリスク耐久性を意味している。
posted by 子供保険K at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 子供保険、保険とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27724719

この記事へのトラックバック

大分県農業協同組合が設立
Excerpt: 16の農協が合併した「大分県農業協同組合」の設立記念 の式典が1日、大分市で開かれ、正組合員の数が6万6000 人という県内最大の農協が誕生しました。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-24 09:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。